妊娠してから徐々に進行し、出産してからかなり薄くなってしまいました。

27歳で妊娠したのですが、初期の頃は髪が綺麗になりつやもあったのですが、子供を産んでからは急激に抜け毛が増えてしまいました。

 

自分で実感しているのが、抜け毛が多いのに新しい髪の毛が生えてこないことでした。

 

このままでは髪の毛がなくなってしまうんじゃないかとか、何かの病気なのかと不安になって色々と調べて見ました。

 

妊娠が切っ掛けで薄毛になってしまうことと、煙草の喫煙が原因で薄毛になるということが判明しました。

 

23歳の頃から煙草をずっと吸っていたのですが、その煙草には毒性物質が数千種類以上含まれていて、肺から吸収され血管に溶け込むと、煙草の毒成分の作用によって血管が収縮し、頭皮に近い毛細血管に血液を送れなくなるとの事でした。

 

栄養が届かなくなった毛根は、発毛や育毛ができず、健康な髪の毛は徐々に衰弱をして抜け毛となっていました。

 

これを知ってからは、生活習慣を見直すとともに、煙草を禁煙することを決意しました。

 

髪の毛を作るために必要な亜鉛などの栄養物質もしっかり補給するようにし、頭皮の血行を促進できるように冷えからも守るようにしていると、数カ月もしない内に元気な髪の毛が生えてきました。

 

人間の自然の力を最大限に発揮することによって、薄毛を治すことに成功しました。

 

煙草はこれから先の事も考えて、もう二度と吸わないようにしています。

 

生活習慣をただし、食生活も栄養のバランスが取れた食事に変える事で健康的に育毛に成功しました。

 

抜け毛のピークは頭皮を刺激せずに、優しく手入れをしよう

出産を2回経験し、2回とも、産後大量の抜け毛を経験しました。

 

産後一ヶ月を過ぎたくらいから、シャンプーをしたあとの抜け毛の量が増えてきました。だいたい産後六ヶ月近くまで続きました。
髪をとかしても、洗髪をしていても、その度にかなりの量が抜け、ピークの時には家中に私の抜け毛が落ちている始末でした。もともと髪の量が多い方だったので、最初のうちはあまり気にしていなかったのですが、四ヶ月を過ぎたあたりからおでこの生え際が薄くなってきたように見えました。

 

出産によるホルモンバランスの変化として、無理に対策をとりませんでしたが、不必要に頭皮を刺激したりするのはやめるようにしました。

 

まずはあまり力強く髪をとかさないようにしました。そのためにも髪は短くしました。髪を短くするのはかなり効果的だったと思います。シャンプーなども短い時間でできますし、髪を乾かすのもあっという間です。髪に不必要な刺激をしないためにはショートヘアーが一番です。

 

週に1度、ホホバオイルでヘッドマッサージをしました。洗髪する前に1円玉大のホホバオイルを手にとって両手の手のひらになじませたら、優しく頭皮をマッサージします。頭皮の汚れをうきあがらせ、頭皮を清潔に保つことで、健康な新しい毛が生えてくると聞きました。

 

髪もしっとりするので、髪のお手入れも楽になります。

 

私は産後の抜け毛対策は、頭皮を不必要に刺激しない、そしてマッサージによって新しい毛が生えやすい状態を作るという対策をとりました。

 

いまでは生え際の薄さも全く気にならないほどに以前の状態に戻りました。

その他、おすすめ関連記事