初めてのお産の後は抜け毛にとても驚きました

妊娠中は特に抜け毛の事は気にかけては居ませんでしたが、悪阻がひどくて食事は思うように摂れませんでした。

 

産後も体調はあまり良くなくて、食事は妊娠中と同じくらい食べられず、慣れない事ばかりの赤ちゃんの世話で、寝不足なまま一ヶ月ほど経った頃だと思います。

 

シャンプーをしていたら指にゴッソリと髪の毛が絡んで抜けました。あまりの抜け毛の量にしばらくの間、その毛を見ていたくらいでした。

 

それでもしばらくは育児、家事等におわれて、抜け毛の事は後回しにて居ましたが、産後、久しぶりに美容院に行きましたら、長い間、私を担当して下さっていた美容師さんが、抜け毛のひどいのに気づいてくれて、頭皮のマッサージを進めてくれました。

 

育毛剤は使わなくても、刺激の少ないシャンプーで丁寧に、やさしく洗ったら頭皮のマッサージをしたらいいとアドバイスしてくれました。

 

その後、毎日ではありませんでしたが、マッサージを続けました。直ぐにではないですが、抜け毛は治まりました。

 

病院で治療を受ける事はしませんでした。産後は、ホルモンのバランスが崩れたり、育児の疲れや、寝不足、規則正しい食事が摂れなくて栄養不足になったりと、様々なストレスが原因で、髪が抜ける事が有るそうです。

 

母乳を上げていると、ミネラルや、ビタミン等が不足するのも原因で、抜け毛になるようです。バランスの良い食事を摂る様に心がけて、栄養を補うためにサプリメントも飲んでみたらいいと思います。

 

色々な体調不良はストレスが一番の原因ということなので、心身ともにストレスを溜めないようにしたいです。

 

首もとからのマッサージして血流をよくし、目の疲れをためないようにする。

昔は、産後は視力にも影響するのであまり細かい作業をしないようにと言われていたそうですが、抜け毛には視神経の酷使も関係してくるので、特に授乳の最中や産後の体力の回復に向けないといけない時期には、目を使いすぎないように意識します。

 

必要以上に目を使おうとすると、首を固定させようとするために無意識に力が入りすぎて、肩がこったり首自体にかなりの負担をかけてしまいます。そうなると、髪の毛の健康に一番必要な血流が滞ってしまうことになります。

 

頭皮もカチカチになって、体温も下がり、こったような状態になっていきます。それで、なるべく、テレビも長時間観ないようにしたり、スマートフォンなどを扱う時間も短くすむように気を付けます。

 

首もとのリンパのマッサージをすることで、血流を回復させて頭皮まで血液の巡りを良くすることができます。首もとから、頭皮を上へ上へつり上げていくようにマッサージすると、目元もすっきりしますし、頭髪の健康を促すように頭皮をやわらかく、温かく保つこともできます。

 

これだけでもかなり気になる抜け毛を減らすことができます。

 

もちろん、すでに生えている髪の毛を栄養たっぷりのトリートメントで潤うようにしたり、育毛剤などを使用して見える髪の毛の部分をケアすることも欠かせないことですが、

 

髪の毛が作られやすい、抜けにくい土台の状態をきちんと作り上げることを考えて、産後の髪の毛のトラブルの回復のためには、目からのストレスを溜めてしまわないようにも意識してみてください。

その他、おすすめ関連記事